審美Q&A

こちらでは、皆様よりよくいただくご質問について掲載しております。

Q1 保険治療と審美治療の違いは?
現在の日本の保険治療で認められているのは、痛い所を限られた方法で治す、
入れ歯を入れる、といった歯科医院における最低限の内容です。
見た目の美しさに関する治療は認められていないといっても仕方ないでしょう。


さて、審美治療において、一番の違いは使用する材料です。保険で認められる白い材料はレジンというプラスチック系のものだけです。
これだと、飲食物や嗜好品によってみるみる変色します。また、強度も弱いのでスキマができたり変形したりしてきます。

一方、審美治療に用いるのはセラミック、つまり陶材系です。食器に例えると分かりやすいと思いますが、
プラスチックの食器と陶器の食器では、汚れの付きやすさ、落としやすさは格段に違うでしょう。
一昔前は強度に不安がありましたが、現在は金属にも劣らない強度を持ったセラミック系の材料ができていますので、ご安心ください。
当院では、様々な患者様の希望にお答えできるご用意をしております。
Q2 セラミックインレーとハイブリットセラミックインレーの違いはなんですか?
患者様がより理想的な治療を望まれる場合、保険適用外にはなりますが
セラミックやハイブリッドセラミックといった材料を使って
治療する歯の色に合わせたインレーを作ることが可能です。

ハイブリッドセラミックというのはレジンというプラスチックのような材料にセラミックを混ぜたようなものです。
従来のレジンという材料に比べ、審美的にも、よりセラミックに近く、セラミックに比べ歯の硬さに近くなっています。
・セラミック: (色)変色しない(硬さ)やや歯より硬い
・ハイブリッドセラミック: (色)長期間の場合多少の変色あり(硬さ)歯とほぼ同じ
Q3 奥歯に保険内で白い歯を入れたいのですが、入れられる場所は限られているのでしょうか?
残念ながら保険で適応できる白い歯は、奥歯だと保険対象外です。

保険で認められている白い歯は、歯科用のプラスチックでできているので、
咬む力が強い奥歯では摩耗や破折のリスクが高く適していません。
白い歯をご希望される場合は、自由診療となります。 金属の上にセラミックを被せるメタルボンドや全て白い素材でできた
オールセラミックやジルコニアクラウンなどがあり、料金は治療法や医院によって異なります。
いずれもメリット・デメリットがあるため、もし自由診療を希望される場合三鷹審美歯科センターでは、
よく説明した上でお勧めいたします。
Q4 なぜ、セラミック材料がいいのですか?
セラミック材料の特徴は、硬度が高く丈夫で長く使用することができ、
毎日の食事や喫煙などによる変色もしにくいというとても優れた性質をもっていることです。

また、生体との親和性が高く、金属アレルギーの原因を除去した歯科治療を行うことができます。
白くきれいで健康的な歯を回復したいとお考えの場合には、セラミック材料での治療をおすすめ致します。
Q5 ジルコニア素材について
ジルコニアは人工ダイアモンドとして有名でありますが、
歯科領域では究極の審美性素材として今、大変注目を浴びています。


今までの歯科の中心的な素材は金属、セラミック、レジン樹脂が主流でした。
口の中の環境下ではまず腐食しないこと、強度があること、見た目が良好であるという3つの要件があります。
レジン樹脂では見た目がよくても柔らかく次第に磨耗してしまうこと,変色していくという欠点がありました。
金属は硬く丈夫ではありますが、見た目が悪く人により金属アレルギーを引き起こす原因となります。
セラミックは見た目もよく、硬く、変色もない良質な素材ではありますが唯一の欠点として
強い衝撃力に対してお皿のように割れる可能性があります。これらの3つの要件を満たしているのがジルコニアとお考え下さい。
Q6 歯並びが悪いのですが、審美治療でも歯並びは治りますか?
審美治療によって、軽度の歯列不正を治すことは可能ですが、
中程度以上の歯列不正は矯正治療を必要といたしますので、矯正専門医院での治療をお勧めいたします。


尚、当院では矯正治療は行っておりませんのでご了承ください。
無料でのご相談受付中!